« 月みれば | トップページ | 木漏れ日のよう »

2012年11月21日 (水)

「Winter」

終わりかけの 

冬の朝日は雲の中踊る
そこにいたんだ
漂う煙 僕は立ちすくむ
 
白い日差し
音も立てずに国境を照らす
こぼれそうな薄日の中
そっと消えないで
声もかけずに
 
僕らはただ手を伸ばして
不確かなものを追いかけ生きてゆくんだね
この手はまだ離さないよ
遠い空の下旅する君へ届くよう
 
飛び交う未来 嘲るようにきらめく
冷たい風に 霞んでく煙
 
白い光が僕の目を焼いて笑う
手を叩いて呼ばないで まだ終わりにしないで
 
僕らはただ手を伸ばして
不確かなものを追いかけ生きてゆくんだね
この手はまだ離さないよ
遠い空の下旅する君へ届くよう
 
 
2011020009

|

« 月みれば | トップページ | 木漏れ日のよう »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Winter」:

« 月みれば | トップページ | 木漏れ日のよう »